個人または企業の所有するコンピュータ内のデータを暗号化して、身代金を要求するマルウェアのことをランサムウェアと言います。

最近では、コンピュータに侵入後、単にさまざまな重要ファイルを削除してしまい、復元できないにもかかわらず、「復元したければ金を払え」といってくるものも出現しています。

したがって、事件発生当初から、「身代金を払っても、何も復元されない」という事態を想定しなければなりません。