インターネットには、いろいろなサーバーが接続されていますが、それぞれのサーバーは、IPアドレス(グローバルアドレス)を持っています。

その中には、1日に100万通を超えるスパムメールを配信しているメールサーバーや、ランサムウェアを配信するためのサーバーが存在します。また、IoTボットネットを管理するための司令塔となっているサーバーもあります。

このようなセキュリティ上問題があるサーバーのIPアドレスについて、24時間体制で情報を収集し、分析、評価、整理を行うプロセスを「IPレピュテーション」と呼びます。