Internet of thingsの略で、現状では、監視カメラ、リモートカメラ、ネットワークプリンター、ネットワーク接続されているビデオ録画装置、などが主なものになる。

また、ハッカーの視点からは、セキュリティレベルが低く、大量にばら撒かれているということで、一般家庭にあるホームルーターやWiFiルーターなども同様のカテゴリーとなる。

ただし、今後、家電製品などがネットワークに接続されるようになると、大幅に増えていく可能性がある。