CERTは、Computer emergency response teamの略。

Computer emergency readiness teamの略とされる場合もあるが、同じ意味で用いられる。
CSIRT (シーサート:Computer security incident response team)とCERTも同じ。

コンピュータ・セキュリティ・インシデントについての情報収集、対応方法についての調査/立案/ルール化、実際にインシデントが発生した場合の対応などを行う、情報セキュリティのエキスパート・チーム。

SOCとの違い

SOCはオペレーションセンターなので、日々の運用業務がメインであるが、CERTの本業はネットーワークやセキュリティ機器の運用ではなく、緊急性の高いコンピュータ・セキュリティインシデントへの対応である。