考え方としては、4ケタの数字を合わせる自転車のダイアル式ロック錠を0000から始めて、9999まで一つずつ全部試す方法と同じ

ブルートフォース攻撃とは、暗号技術において、最終的に正しく推測されることを期待して、多くのパスワードやパスフレーズを試している攻撃者の活動を指します。

攻撃者は、正しいパスワードが見つかるまで、可能なすべてのパスワードとパスフレーズを体系的にチェックします。
または、攻撃者は、キー導出機能を使用してパスワードから作成されるキーを推測しようとします。これは、包括的なキー検索として知られています。

ブルートフォース攻撃は、理論上、暗号化されたデータを解読しようとする暗号解読攻撃です(情報理論的に安全な方法で暗号化されたデータを除きます)。このような攻撃は、タスクを容易にする暗号化システム(例えば、何回でもトライできる)に他の弱点を利用することができない場合、使用される可能性があります。

パスワードを推測する場合、この方法はすべての短いパスワードをチェックするのに非常に高速ですが、より長いパスワードに対しては、ブルートフォース検索に時間がかかりすぎるため、辞書攻撃などの他の方法が使用されます。より長いパスワード、パスフレーズ、およびキーにはより多くの値が設定されているため、短いものと比較して、指数関数的に解読が難しくなります。

ブルートフォース攻撃は、コード化されるデータを難読化することにより、効果が低下する可能性があります。攻撃者がコードがクラックされたときを認識するのが難しくなります。 暗号化システムの強さの尺度の1つは、理論上、攻撃者が理論的にブルートフォース攻撃を成功させるまでどれくらいの時間がかかるかということです。

ブルートフォース攻撃は、すべての候補を列挙し、それぞれをチェックする一般的な問題解決手法であるブルートフォース探索の応用です。

参照:

https://en.wikipedia.org/wiki/Brute-force_attack