日本では、高度標的型攻撃とも呼ばれる。

マルウェアによってターゲット企業へ侵入し、C&Cサーバーとの通信を行いながら、内部ネットワーク上に長期間潜伏して調査活動、管理者権限の取得などを行い、結果として、機密情報を盗むための一連の攻撃活動を指す。

Advanced Persistent Threat のPersistentは、「執拗に繰り返すような持続性」。