コンピュータの内部、または、ネットワーク上でウイルスを検知して、ブロック(隔離)する機能をアンチウイルス(Antivirus)といいます。

大きく分けて、PCなどのエンドポイントでセキュリティ・ソフトウエアとして稼働するもの、ネットワーク上に設置するための独立したアプライアンスとして提供されるものの2種類があります。

いずれにしても、シグネチャと呼ばれるウィルスを認識するための基礎データをベースとして、パターン認識を行い、一致したウイルスを隔離するなどの処理を行います。

関連語: アンチウィルス、ウィルス