公開鍵暗号とは?

公開鍵と秘密鍵の1ペアの鍵を使い、エンド・トゥー・エンドの通信において、お互いに異なる鍵を使って暗号化と復号化を行う方法は公開鍵暗号方式と呼ばれ、1976年頃に初めて論文が公開されました。

それまでは、共通鍵によって、暗号化と復号化を行っていましたが、その共通鍵暗号方式では、鍵を盗まれてしまうと、暗号文書も解読されてしまうため、鍵の配送が大きなリスクとなっていました。

  • 諜報活動によって、暗号文書が傍受されていると仮定すると、鍵が盗まれた瞬間に、その暗号文書はただの平文の書類となってしまいます。

公開鍵暗号方式では、公開鍵で暗号化した文書は、その対となる秘密鍵でしか復号化することができません。したがって、途中経路で暗号文書と公開鍵が盗まれても復号化できない、というメリットがあります。

共通鍵暗号方式と比較して、公開鍵暗号方式を使うと、通信上の安全性は飛躍的に高くなります。

ポイント

上記に記したとおり、「公開鍵で暗号化した文書は、秘密鍵で復号化できる。また、秘密鍵で暗号化した文書は、公開鍵で復号化できる。」ということですが、つまり、「公開鍵で暗号化した文書は、その公開鍵で復号化できない」というところがポイントです。