ハッカーにより、特殊なソフトウェアツール(エクスプロイト・キット)でハッキングされ、C&Cサーバーの命令に従う状態となった奴隷コンピュータのことをゾンビ・コンピュータと呼ぶ。

また、通常はDDoS攻撃など、ゾンビの利用目的があるため、その利用目的によって束ねられた一団をボットネットという。