さようならヤフー、ベライゾン買収後は “Altaba” に

Yahooの中核となるインターネット事業は48億ドルでVerizonに売却されたが、残りの部分はAltaba Incに改名され、インターネット上で最もよく知られたブランド名の悲しい結末となりました。

同社は、月曜日の証券取引委員会(SEC)の公開書類で、コア事業をテレコムの大手ベライゾンに計画した後、残った事業はAltabaにブランド名を変更すると発表しました。

だからあなたがよく知っている同社のブランドはVerizonと統合され、その巨大通信会社はYahooブランドを引き続き利用することになるかもしれません。

Altaba Inc.は、Alibabaの15%の所有権と、Softbankとの合弁会社であるYahoo Japanの35.5%の株式を保有しています。

Marissa Mayer、Yahooの取締役会を離れる

新たに設立された会社は投資会社として運営され、Tor Braham、Catherine Friedman、Eric Brandt、Jeffrey Smith、Thomas McInerneyなど、5人の役員だけが同社に残ります。

YahooのCEO Marissa Mayerと共同設立者のDavid Filoを含む同社の取締役会の他のメンバーは、Altaba Inc.から辞任する.Mayerは、Yahooの統合でVerizonの役職に任命されるかもしれないが、彼女の立場はまだ発表されていません。

メイヤー氏が新しい取締役を辞任する意向は、「当社の事業、方針、または慣行に関連するいかなる問題に関しても、当社との意見の相違によるものではない」と同氏は述べています。

数ヵ月前に複数のセキュリティ違反が起きたことを明らかにした後、ヤフーの買収契約は噂になっています。

さらに3カ月以上前、ヤフーは、米国政府機関の要請により数億のユーザーの電子メールをスキャンするために、そのシステムに秘密のバックドアを構築したとして非難されました。ベライゾンがハッキングとスパイに関する開示について知った後、買収契約の割引が予定されていました。

Yahoo – または、今はAltabaと言うべきでしょうか? 2016年9月22日および2016年12月14日に開示された証券事件に関連する事実の結果、Verizonが株式購入契約に関する主張、権利または請求を脅かす可能性のあるリスク その株式交換契約の条件を再交渉する、とSECの提出書類にあります。

初期のインターネット時代の有名なパイオニアの終わり

物語全体の中で最も悲しい部分は、シリコンバレーの最も有名な指導者の一人が消えていくことです。

1994年にスタンフォード大学の卒業生Jerry YangとDavid Filoによって設立されたYahooは、かつてはインターネットの王でしたが、GoogleやFacebookなど、より革新的なライバルに負けました。

ヤフーは、FacebookやGoogleが今日のように、かつては125億ドルの大巨人でしたが、同社のメイヤーが率いた期間は、内部のごたごたと成長の鈍化によって会社が台無しとなり、初期のインターネット時代のパイオニアの一人に終わりました。

参照:

http://thehackernews.com/2017/01/yahoo-altaba-verizon.html