オークション失敗の後、シャドーブローカーズはNSAハッキングツールを直販

今年10月末にイクエーショングループがハッキングしたサーバーリストを公開したシャドーブローカーズをご存知ですか?

話題となったNSAのハッキングツールやエクスプロイトキットのサイバー盗難の背後にあると考えられているこのハッカーグループですが、米国諜報機関の能力とセキュリティに関するより大きな議論を呼び起こしました。

このグループは、今年8月に盗んだサイバー兵器をオークションにかけましたが、それほど反応は無く、しばらく静かになりました。

しかし、シャドーブローカーズはNSAのハッキングツールと地下のウェブサイトでの直接販売のための悪用を提起していたようです。

新たに発見されたサイトには、The Shadow Brokersの暗号鍵で署名されたファイルが含まれていることが明らかになり、ハッカーグループがNSAハッキングツールをバイヤーに1台ずつ直接販売するようになったことを示唆している。

水曜日に、仮名Boceffus Cleetusが行った人は、「シャドーブローカーズ」のハッカーが「NSAツールを個別に」販売していると言って、Mediumに投稿を掲載しました。

マサチューセッツ州のジョセフ・コックスは次のように述べています。「サイトでは、訪問者が各項目に関連したスクリーンショットやファイルをダウンロードすることもできます。 「8月の元々のShadow Brokersのダンプのダンプと同じフィンガープリントでPGP鍵で署名されたファイルがある」

「シャドーブローカーズはZeroNetでツールを販売していますか?」というタイトルのブログは、「ENVOYTOMATO、EGGBASKET、YELLOWSPIRIT」のようなタイトルを持つシャドーブローカーズのZeroNetで販売されるアイテムのリストを報告しています。

ZeroNetはブロックチェーン暗号をDNSサーバーとして使用し、BitTorrent技術をファイルサーバーとして使用してWebサイトをホスティングするための分散型インターネット型ネットワークです。

サイト上の各アイテム(NSAハッキングツール)は、「エクスプロイトキット」、「トロイの木馬」、および「インプラント」に分類され、それぞれ1〜100ビットコイン($780~$78,000USD)となっています。

約780,000ドルで、全てのツールを揃えることが可能です。