FBIの最重要指名手配犯ーJPモルガン・ハッカーがニューヨークで逮捕

最大の金融データ盗難事件の背後にいた、FBIの最重要指名手配犯であるハッカーの1人が、最終的にニューヨークのJFK空港で逮捕されました。

ジョシュア・サミュエル・アーロンは、JPモルガン・チェースを含むいくつかの主要な金融機関を攻撃したハッキング・グループの一員であるとして告発を受けており、当局によれば「歴史上最大の米国金融機関のユーザーデータ盗難」でした。

アーロンはロシアのモスクワで2015年にハッキング犯罪を犯した後、逃亡者として暮らしていたと考えられ、1億人以上の人々の個人情報が漏洩しました。

2015年6月、米国連邦地方裁判所がアーロンに対して連邦逮捕状を発行、FBIと米シークレットサービスがNYのJFK空港に到着した際に彼を逮捕し、米国司法省が発表しました。

「アーロンは、米国の金融機関から最大限の個人情報を盗み出し、最終的にはこれまでに数十の米国企業のネットワークに侵入してきたとされている」とマンハッタンの弁護士プリテバララ氏は語った。

「ビジネスモデルとしてのハッキングを追求するために、FBIと米シークレットサービスの努力のおかげで、アーロンは共同被告人として、マンハッタンの連邦法廷で正義に直面するだろう」と語った。

2015年、ニューヨーク南部裁判所は、Gery Shalon、Ziv Orenstein、Joshua Samuel Aaronの3人にハッキング、個人情報の盗難、証券詐欺、マネーロンダリングなど23件の請求をしました。

3人のハッカーのすべてが、彼らが犠牲者から盗んだ1800万ドル(1430万ポンド)についての違法な支払い処理ビジネスを行ったとして、告発された。

そのうち3人は、決済処理業務を調査しているクレジットカード会社に侵入し、検出されることを回避しようとした。

ShalonとOrensteinは2015年7月にイスラエルで逮捕され、すでに2016年6月に米国に送還されました。

米当局によると、アーロンは木曜日にマンハッタンの裁判所に出廷する予定だ。

参照:

http://thehackernews.com/2016/12/fbi-wanted-hacker.html

Be the first to comment

コメントをお寄せください

ご登録いただいたメールアドレスは公開されません。


*