ルール41 – FBIは世界のあらゆるコンピュータをハッキングする力を拡大

今日から、米国の情報機関や法執行機関にとって、世界中の複数のコンピュータをハッキングすることはより簡単になりました。

米国司法省の連邦刑事訴訟規則第41規則に導入された変更は、水曜日に変更を阻止しようとの努力が失敗した後の木曜日に行われました。

この変更により、FBIは、米国の裁判官(判事さえ)によって許可された一通の令状で、国内の複数のコンピュータ、そしておそらく世界中のコンピュータにハッキングする、より大きな権限を与えます。 通常の事件では、判事は裁判管轄内での事件に対してのみ令状を発行します。

これは、FBIが2015年の児童ポルノサイト「プレイペン」の調査で行ったのと同じことです。同局では、120か国の8,700台のコンピュータをハッキングしました。

最高裁は4月のルール41の変更を承認し、米国の裁判官がFBIと法執行機関にあらゆる管轄地域のコンピュータをリモートでハッキングする権限を与える捜索令状を発行することを認めています。

Ron Wyden民主党上院議員は、Tor、VPN、または他の匿名化ソフトウェアを使って所在を隠す可能性のあるRule 41の変更を阻止しようと3回試みたが、その努力はテキサス州のJohn Cornyn上院議員によって阻止された。

ルールの変更は、今日の驚きを除いて、12月1日に有効になります。
一方で、プライバシー擁護派と法律専門家は、FBIのような機関が面倒な手間をかけずに国際的なハッキング活動を行うことを可能にする、超遠隔監視の広範な拡張としてルールの変更を説明してきた。

他方、DOJ(米国司法省)は、ルールの変更が現代のインターネット犯罪者を調査するのに役立つと主張し、調査者がTor匿名ネットワークやVPN(バーチャルプライベートネットワーク)のような “技術的手段によって隠された” 強力なサイバー武器になったボットネットで使用されています。

司法長官Leslie Caldwellは、犯罪容疑者が実際の場所を隠すためにTorやVPNを使用している場合、捜査官が自分の現在地を知るのは難しくなる、と主張している。

「そのような場合、ルールは、捜査当局が令状の申請を行うべき裁判所を明確に特定していない」とコールドウェルは語った。

しかし、FBIが加害者ではなくボットネットの被害者をハッキングするとどうなりますか? あるいは、政府が国家を対象とするこの権力を乱用すればどうなるでしょうか?

演説では、連邦捜査官に「アメリカ人の携帯電話、コンピュータ、その他のデバイスをハックする権威を与える権限」を与え、ルール41の変更が「監視政策における最大の過ちの一つ」になったとロイターは報告している。

他の批評家は、ルール41の変更により、FBIは、電子デバイスが知識なしにボットネットマルウェアに感染した無実のユーザーや、アイデンティティを非公開にする人をハックすることができると懸念しています。

この懸念に対して、コールドウェルは、ボットネット被害者のデバイスにアクセスする調査官は、「ボットネットの範囲を調査するためだけに、あるいは被害者のコンピュータをボットネットから解放するために必要な情報を得るためにのみ行われる」と主張した。

Caldwellはさらに、ルールの変更はFBIに「大量のハッキング」を行わせることはできないと主張した。事実、ルールの変更を実施しないと、「法執行機関が実際の犯罪者による大量のハッキングと戦うのがより難しくなる」

Be the first to comment

コメントをお寄せください

ご登録いただいたメールアドレスは公開されません。


*