イーロン・マスク、宇宙からグローバルなインターネットを提供するために4,425の衛星を打ち上げ予定

Satelite and earth 7

フェイスブック、グーグル、マイクロソフトを含む大手のテクノロジー企業は、無線デバイス、飛行機の飛行機、高高度の風船、およびレーザービームを介して、世界中の未接続の部分にインターネット接続を提供しようとしています。

しかし、SpaceX創設者のイーロン・マスクは、世界中で低コストのインターネットサービスを提供する大きな計画を持っています。

プライベートロケット打ち上げサービス企業SpaceXは、米国連邦通信委員会(FCC)への出願内容によると、高速インターネットを世界に向けて提供するため、軌道上に4,425台の衛星を打上げる許可を米政府に申請している。

これはものすごい数の衛星です。 実際、この数字は地球の軌道上の全ての衛星の数を上回っています。

同社の102ページの技術文書には次のようなものがあります。

「このシステムは、世界中の住宅、商業施設、機関、政府機関、専門家向けの広範なブロードバンドと通信サービスを提供するように設計されています。」

2015年1月、火星における都市計画の一部として最初に発表されたこのプロジェクトは、少なくとも推定100億ドル(約1兆円)かかるとされていますが、最新のドキュメントには、費用については記載されていません。

カリフォルニアに本拠を置くSpaceXは、提案している衛星ネットワークの技術的な詳細を文書で明らかにし、世界中の高速ブロードバンドおよび通信サービスを提供するインターネットサービスプロバイダ(ISP)として立ち上げたいと考えている。

SpaceX CEO Elon Musk introduces SpaceX's Dragon V2

SpaceX、最初に800個の衛星を打ち上げる

提案されたSpaceXネットワークは、これらの衛星がいつ発射されるのかは明らかではないが、プエルトリコと米領バージン諸島を含む米国でのインターネットアクセスを拡大するため、800衛星の最初の打ち上げから始まるだろう。

衛星は、地球上の715マイル(1,150 km)から790マイル(1,275 km)の高度の軌道に打ち上げられるだろう。各衛星の重さは850ポンド(386kg)の重さで、約2,120kmの楕円状のエリアをカバーができます。

首尾よく展開されれば、軌道上の衛星の数は300%以上増加することになり、エンドユーザー向けに最大1Gbpsのインターネット速度を提供する宇宙ベースの世界規模のインターネットネットワークを提供することになる。

SpaceXは、「一度完全に展開されると、地球表面のほぼすべての部分を通過するため、原理的にはユビキタスなグローバルサービスを提供する能力を持っている」と語った。

今のところ、同社はこの大規模なインターネットネットワークの潜在的な用途について詳しくは述べていませんが、その詳細を把握するのに多くの時間があります。

SpaceXの主な事業は、NASAの国際宇宙ステーションに飛行する貨物供給船を含む、政府および商業顧客向けの軌道に衛星を打ち上げることです。

しかし、SpaceXはスペースを通じたインターネットの提供を目指す唯一の会社ではありません。 Airbus、Virgin、Bharti、およびQualcommが支援するベンチャーであるOneWebとBoeingは、衛星ベースのインターネットをサポートするためのスペクトルの申請も提出しています。