イギリスはオンライン脅威に対応するための予算を増やし、ハッカーによる攻撃に対して反撃する

フィリップ・ハモンド国務大臣は、インターネットに接続された様々なデバイスが増加し、潜在的にハッカーにソフトターゲットを与えているため、社会がますます脆弱になることを恐れている

フィリップ・ハモンド国務大臣は、イギリスの政府、企業、市民がサイバー攻撃の対象となっている場合、「反撃」するだろうと、国家が支援するハッカーを含むオンライン脅威から保護することを目標とした、新たな発表の一環として述べている。

大臣は、インターネットに接続されたデバイスの数が増加するにつれて、潜在的にハッカーにソフトターゲットを与えており、サイバー攻撃に対する社会の脆弱性が増していくことを恐れている。

19億ポンドの資金で支えられているこの新しい戦略は、防衛を強化することを目的としているだけでなく、英国を脅かす犯罪者と戦うため、法の執行および犯罪者への攻撃を行うとした。

大臣は、どの国がサイバー脅威の原因となっているのか特定しなかったが、戦略の実行は、モスクワの行動に関してMI5長官からの警告を受けているなか、ロシアがヒラリー・クリントンの大統領選挙活動に対してハッキングによる妨害活動を行っている疑いに対応するものである。

セキュリティサービス(国家情報局)のアンドリュー・パーカー長官は、ガーディアンに対し、ロシアは「プロパガンダ、スパイ活動、転覆、サイバー攻撃を含む、ますます積極的な方法で外交政策を推進するために、あらゆる国家機関と権力を利用している」と語った。

新しい戦略は、家電を含むネットワーク化されたデバイス、いわゆる「日用品のインターネット(IoT)」の脆弱性に対する懸念に対処することも目的としています。

内閣府のベン・グンマー閣僚は「スパイ・スリラーやアクション映画の存在はなく、サイバー攻撃は現実であり、今起こっている。

「私たちの敵は、組織的な犯罪グループ、「活動家」、訓練されていない10代の若者、外国人など、さまざまなものがあります。

「政府の最初の任務は、国家を安全に保つことである。

「現代の国家は、サイバースペースに身を置かなければ、安全で豊かなままではいられない。

だからこそ、われわれは国、経済、国民を守るために必要な決定的な行動をとっている。

「英国がサイバーセキュリティで世界をリードしていることは誇りに思う」と語った。

昨年公開された国家安全保障戦略(NSA)は、サイバー攻撃の脅威をテロとグローバル不安と同じように分類した。

ロンドンのスピーチで新しいサイバー戦略を正式に開始する首相は、接続機器の拡大、英国の多くの組織による古いITシステムの継続的な使用、 ハッキングツールの準備ができています。

新しい計画には以下が含まれます:

政府独自の防衛を強化し、輸送ネットワークや発電所などの重要な国家インフラを産業界が保護するのを支援する。

サイバー犯罪を標的とするために法執行機関に「何千万」を投資する。

– スマートフォン、タブレット、ラップトップの防御を向上させるために英国の大学を集めた新しいサイバーセキュリティ研究機関。パスワード保護を廃止する可能性があります。

Hammond氏は、インターネットセキュリティ会社Netcraftなどの企業と提携して、意図した犠牲者へのウイルスやスパムメールの阻止などの戦術によるサイバー攻撃の影響を軽減する自動防御機能を強化する予定です。

ハモンド氏は、正式な戦略の実行に先立ち、「英国は、前回の議会で8億6,000万ポンドを投資を決定し、すでにサイバーセキュリティの世界的リーダーとして認められていますが、今後も、脅威の規模とペースに対応していかなければならない。」と述べた。

「5年間で19億ポンドの支援と産業界や学界との優れたパートナーシップの基盤となる新しい戦略は、私たちがサイバースペースで自分を守り、攻撃を受けたときに打ち負かすためのより大きな措置を講じることになります。」

参照:

http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/cyber-attack-government-threat-russia-spending-increase-latest-a7390291.html